Iライン除毛クリームとそのメリット

Iラインとは、股関節の内側にあるのがIライン。
女子としては、とても神経質になってしまう部位でもありますね。
しかも、デリケートゾーンと粘膜にとても近い部位がIライン。
ビキニラインを除毛クリーム、Iと一緒に処理される方が多いですね。
Iラインは、Vラインよりも自分の目で確認しづらいのが難点です。
粘膜のあるデリケートゾーンにも近いため、神経質になりますね。
除毛クリームを使う際には、特に注意が必要となります。

クリームを使った、Iラインについてよくある質問!
「Iラインは、どこまでクリームで処理するの?」というものがあります。
最近の流行としては、ハイジーナというものがあります。
簡単にいうと、すべての毛を処理する方法のこと。
ただし、自己処理の場合は、粘膜まではやらないほうがいいでしょう。
粘膜部分になると、角質層が薄くデリケート。
クリームとはいえ、適切な処理方法を間違えると大変です。
肌トラブルを起こしやすくなる。

デリケートな部位である「Iライン」
肌トラブルが心配な部位ではあります。
Iラインを除毛クリームすることで、ファッションの幅が広がります。
Tバックの下着や水着やビキニを楽しめる。
月経時の蒸れや、かぶれを防ぐこともできる。
女子としては、嬉しいメリットがあります。

毛を根本=毛根からしっかり処理しないとジョリジョリ肌!
ほしいのは、キレイで清潔な<つるん♪とした肌ですね。





Iライン除毛クリームで自己処理の方法と注意点

Iラインを除毛クリームを使う場合は、お風呂で清潔にした後に行う。
デリケートなIラインの部位には、徐毛クリームが向いています。
ただし、デリケートゾーンにつかないよう気をつけましょう。
あらかじめ長い毛がありましたら、短くしてからクリームを塗りましょう。
クリーム処理忘れなど、トラブルを回避することができます。

ワックスは、毛根からしっかりと抜くことができます。
クリームとは違い、処理が終わった後の肌はスベスベになります。
ただし、剥がすときの刺激が強い、お肌が弱い人は避けましょう。
家庭用脱毛器を使う場合、粘膜部分には照射しないように注意です。
クリームなら、角質層を削ってしまう可能性が低い。
処理が終わったら、ワセリンなどで肌を保護するのが大切です。
お肌をしっかりケアすることも忘れないようにしましょう。




クリニックやサロンでするときの注意!

クリニックやサロンでIラインの処理を行うとき。
生理中や日焼け後、病気で免疫力が弱いときは避けましょう。
Iラインは、ただでさえデリケートな部位なのです。
Iライン施術中の痛みがひどく感じたら困りますよね。
施術前に行う自己処理でも、肌トラブルが起こりやすくなります。

サロンでの施術は、クリニックのレーザーより出力が弱い。
弱いですから、Iラインの効果も弱い分痛みも軽いです。
メラニンが濃いところには、強く反応するため痛みがある。
ゴムで弾かれる程度の痛みはあります。
Iラインの痛みには個人差があるので、スタッフと相談します。
話し合い、出力をコントロールしてもらうことをオススメします。
レーザーは、一般的に光より痛みがあるといわれています。
クリニックなら、麻酔クリームを塗ってから施術することができる。
アフターケアが心配なら、医師に直接相談できるメリットもあります。

サロンとクリニック、どちらを選ぶかは個人の選択です。
Iラインは、身体の中でも特にデリケートな部位。
価格や通いやすさだけで選ぶのは注意が必要です。

機器や効果、痛みやアフターケア、すべての面をしっかり検討です。
ハイジーナでない場合は、デザインも大切になる。
カウンセリングを丁寧に行ってくれるかどうか?
しっかりチェックしましょう。

スポンサードリンク
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »