顔に使うクリームについてみんなが忘れていること

顔に使うクリームには、大きく分けると2種類のタイプがあります。
ひとつが除毛クリーム、そしてもうひとつが抑毛クリームです。

顔に使用するクリームには、メリットとデメリットがある。
どちらもきちんと理解してから使いましょう。
どちらを使用するか?あるいは両方とも使うか?決めましょう。

除毛クリームのメリット
・カミソリ負けの心配がない。
・肌が敏感で悩んでいる人におススメ。
・ただ塗るだけなので簡単に顔のお手入れができる。

除毛クリームのデメリット
・使用しているとき痛みを感じることがある。
・肌のタンパク質まで一緒に溶かしてしまう。
・すぐに肌が荒れてしまう人には向いていません。

抑毛クリームのメリット
・使用をしても痛みがないこと。
・痛みがなく肌を痛めてしまう恐れもない。
・美肌成分が含まれている製品が多い。
・肌がキレイになる効果も期待できる。

抑毛クリームのデメリット
・使用したからといってスグに効果が現れるわけではない。
・長期間にわたり使い続けないと効果がない。
・使用をやめてしまうと効果がなくなる。

メリット・デメリットをそれぞれ取り上げました。
ただし、効果の違いも個人によって差が大きくでます。
せっかくいい商品を見つけて利用しても、残念な結果に終わるかも。
長く使っても、まったく効果がないというのは困りますね。
悩んでいるから、すぐにでも顔のムダ毛をスッキリしたい。
こんな人には、クリームの使用は向いていません。
お金と時間を使って、クリニックやサロンに通いましょう。






顔に使用するときの注意

顔剃りよりもクリームなら手軽にできる。
顔の中でも特にヒゲの手入れに使う人もいます。
除毛クリームは、即効性があります。
お手入れに除毛クリームでやってみようという人に人気です。

除毛クリームには、いろいろな種類があります。
顔に使用できるものと、できないものがあります。
顔に使用できないものを間違って使うと大変です。
誤った使用は、顔の肌トラブルの原因となります。
使用上の注意をシッカリと確認して、顔に使いましょう。

クリームには、放置している時間が短いものと長いものがあります。
この時間の違いは、含まれている成分の強さに比例します。
時間の短い方が薬剤が強め、時間が必要な方が肌に優しいということ。

それぞれの商品には保湿成分や美容成分が入っています。
肌のことを考えると、そのような含まれた成分にも着目ですね。

ヒゲが濃い人が顔に使う場合は、強い薬剤でないと効果を得られない。
含まれた成分が強いため、顔の肌が荒れやすくなる可能性も高いです。
顔の肌がすぐに荒れてしまう人は、放置する時間が長いものを選びましょう。

使用上の注意点は、日焼けしたときは使用を避けるということ。
日焼けした状態の顔の肌は、ダメージを受けやすい状態。
そんなとき顔にクリームを使うと、肌に負担がかかってしまいます。

クリームを塗ったあと、長く放置するほど効果があるわけではありません。
定められている時間より長く放置すると、肌荒れの問題が起こる可能性が高い。
必ず商品説明に記載されている時間を守りましょう。

このようにクリームといっても、毛根ごとムダ毛を取り除けるものではない。
クリームでは、サロンやクリニックと同じ効果は期待できません。
もし、どうしてもと考えるなら、お金と時間が必要ですね。

クリニックで医療レーザーによる施術を受けるのがいいでしょう。
クリームよりも安全で、なおかつ高い効果を得られます。

スポンサードリンク
| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »